閉じる

開智国際大学の「国際教養」

Your Future starts at FILA!

国際教養学部 Faculty of International Liberal Arts

Your Future starts at FILA!

国際教養学部 Faculty of International Liberal Arts

こんな人におすすめ

 国際教養学部は、日本を学び、異文化を学び、グローバル社会に対応できる英語を学ぶことによって、社会に貢献できる能力を持つ人材を目指す学部です。当てはまる人はもちろん、英語が得意でない人、海外にあまり関心がない人にも、国際教養学部をおすすめします。まずは身近にあるグローバル化に目を向け、自分の視野を広げていきませんか。

英語力を身につけたい

世界中に友達をつくりたい

将来グローバルに活躍したい

異文化に興味がある

チャレンジするのが好き

学びたいことが決まっていない

海外に興味がある人にも、ない人にも考えて欲しい

 「海外にはあまり興味がない」という人もいるかもしれません。しかし、日本国内で生活していても私たちはグローバル化の影響を受けています。お店で購入する商品は海外製であることが多く、日本に住む外国人も増加し、公用語として英語を取り入れる日本企業もあります。生活面での影響、企業の海外進出、社会や経済の仕組みなど、まずは私たちの身近に溢れていることから、グローバル化と国際的な視点を身につける意味を考えましょう。

 

社会に出て役立つ力を身につける

 グローバル化が進む現代社会では、政治や文化の対立、環境破壊、差別や貧困など、世界各地で問題が生じています。SDGsなど、世界中で取り組むべき課題もあります。

 世界中にいまどんな問題や課題があるのか、それは何故起きているのか、どうすれば解決できるのか。国際教養学部では、幅広い学びを通して視野を広げ、自分の希望する進路で社会に貢献できる力を身につけることができます。

学びの特色

1.基礎教養の充実

 共通科目として「リベラルアーツ基礎(人文科学・社会科学・自然科学・外国語・総合)」を設けているほか、キャリア教育を目的とした科目、健康やスポーツの関する科目、情報社会におけるリテラシーを学ぶ科目、論理的に考え表現する力を養う科目など設け、幅広い基礎教養の修得を目指します。

2.語学教育

 国際教養学部では、英語教育に力を入れており、さまざまなアプローチで学生の英語に対する関心を高めるように努めています。異文化に柔軟に対応できるグローバルリテラシー、高いコミュニケーション力の修得を目指しましょう。

習熟度別クラス

 1~2年次に、ネイティブスピーカーによる英語教育を必須科目(共通科目)として設けています。読む・書く・聞く・話す(Reading, Writing, Listening, Speaking)の4つのスキルの修得を、自分の実力にあった習熟度別クラスで目指します。

語学研修

 海外で実践的に英語を学ぶ「Field Study Trip」(選択必須)や国外の教育機関で学修する「海外研修」(選択科目)を設け、実践的な国際英語の修得を目指します。

留学生へのサポート

 英語の代わりに、アカデミックな日本語スキル(プレゼンテーションスキル、レポート作成スキル、精読スキル)や社会人として求められるスキルの修得を目指した科目が必須化されており、より円滑に大学教育を受けられるような教育が用意されています。

授業における英語の活用

  1.  英語の学びは英語の授業に留まりません。多くの共通科目・専門科目においても英語を活用した授業を行なっています。
3.ICTの活用とリテラシーの育成

 グローバル社会では、あらゆる領域でICT機器を活用し、情報を受信し、精査し、加工し、発信することになります。国際教養学部では、共通科目にICTの活用方法や情報倫理を学ぶ科目が複数設定されているほか、多くの授業でもパソコンを活用することになっています。出席管理、課題の作成と提出、資料の配布、情報検索、授業に関する質問など、日常的にパソコンを活用することでICTに慣れ、情報リテラシーを身につけることを目指しています。

4.3つの科目群の高度な教養教育

 1年次から国際的問題や海外の社会情勢および文化を学修するための専門科目を必修科目として設けているほか、3つの科目群(「人間心理」「多文化・国際社会」「グローバル・ビジネス」)を通してよりハイレベルな教養の修得を目指しています。

「人間心理」科目群

心の働きや行動の法則に関する基礎心理学から、心の健康や病理およびその治療に関する実践的心理学まで幅広い領域を学修します。多種多様な価値観や様々な文化が交差するグローバル社会の複雑な人間関係を理解し、心理学的観点から支援や行動分析ができるようになることを目指します。

「多文化・国際社会」科目群

グローバル社会に必要な文化・社会的知見を、芸術・文化、歴史、政治、情報・メディアなどの学習を通して身につけ、境界を越えた国・地域のバッググラウンドの違いとその価値に深い理解を示し、世界情勢や国際問題に対しても、柔軟な対応ができるようになることを目指します。

「グローバル・ビジネス」科目群

経済学、経営学の基礎理論を踏まえつつ、グローバル社会の中で活躍していくには幅広い視野を持つことが必要なため、他地域と比較考察することや、客観的なデータ収集の仕方から分析の方法など、ビジネス社会で活躍できる実践的なスキルの獲得も目指します。

学びの体系

「なりたい自分になる」ためのプログラム

 文学部や経済学部などでは、一つの専門分野の授業を中心に履修します。一方、国際教養学部では、経済学、経営学、心理学、文化・国際関係の分野の中で、基礎から応用まで選んで学ぶことができます。すべての学生が自分の「なりたい」を実現するため、複数の専門分野からセレクトした自分だけの時間割をつくることができます。

「縦断的学び」と「横断的学び」で構成された国際教養

さまざまな学問領域を段階的に学ぶ「縦の序列」と、横断的に学ぶ「横の広がり」を大切にしています。

配当年次・科目ナンバリング

国際教養学部では、実践的な能力を身に付けるために、基礎から応用まで段階的で体系的な教育課程を編成しています。各科目には、配当年次として履修が推奨される学年が設けられているほか、すべての開講科目について「ナンバリング」を施しています。ナンバリングとは、教育課程の体系に基づき、学修の段階や学修するべき順序等を示したりする授業科目ごとの番号のこと。これらを参考に、学生が自らの学びを計画的かつ体系的にデザインできるようにしています。

Return to Top ▲Return to Top ▲