閉じる

高橋 早苗 准教授

高橋 早苗 Takahashi Sanae

教育学部 准教授

専門分野   体育科教育学 / スポーツ医科学

研究テーマ  初等科体育におけるアクティブラーニング / ランナーに対するSCAT適用 / 高所トレーニングおよび急性高山病

主な担当科目 体育科教育研究 / 初等科教育研究法(体育)/ スポーツ実技Ⅰ・Ⅱ

職務経歴

2000-2003 日本橋学館大学(非常勤)
2000-2001 女子美術大学短期学部(非常勤)
2001-2004 日本大学商学部(非常勤)
2002-2004 女子美術大学(非常勤)
2005-現在  日本大学商学部(非常勤)
2004-現在  開智国際大学⦅旧 日本橋学館大学⦆(専任)

主な研究業績

 論文(共著)
  • 「高所順応トレーニングによる登山時の有気的作業能の向上および急性高山病予防への貢献」、『日本登山医学会』、第19巻第1号、pp.83-88、1999.12
  • 「ランナーに対するSCAT適用」、『ランニング研究』、第27巻第2号、pp.59-64、2016.2
 報告・資料(単著)
  • 「新学習指導要領を踏まえた体育科教育における授業展開ーネット対陣型ボール運動「ミニテニス」の導入について-」、『開智国際大学 教職センター研究報告』、第1号、pp.37-41、2017.11
  • 「新学習指導要領を踏まえた体育科教育における授業展開ー第2報タブレット端末を活用した学び合い-」、『開智国際大学 教職センター研究報告』、第2号、pp.129-133、2018.2
  • 「新学習指導要領を踏まえた体育科教育における授業展開ー第3報協同学習による表現運動-」、『開智国際大学 教職センター研究報告』、第2号、pp.135-140、2018.2

国士舘大学(体育学士)
筑波大学大学院修士課程(修士(体育学))

日本運動生理学会、日本体育学会、日本体力医学会、日本登山医学会、ランニング学会、日本体育科教育学会

・2013-2015

ランニング学会助成研究
「市民ランナーの足裏形態とランニングフォームについて」-アミノバリューランニングクラブメンバーを対象として-(研究分担者)

Return to Top ▲Return to Top ▲