閉じる

教員紹介―土屋 陽介 准教授

所属・職位 教育学部 准教授
専門分野 哲学(現代哲学・応用哲学) / 哲学教育 / 教育哲学
研究テーマ 子どもの哲学(哲学対話教育)の研究と学校現場における実践 / 現代英米認識論の研究とその教育学への応用 / 教職の倫理に関する基礎的研究
主な担当科目 教育学概論[小][中・高] / 教職論[小][中・高] / 哲学 / 倫理学 / グローバル社会を生きる
職務経歴 2007-2009  日本学術振興会 特別研究員
2010-2017  茨城大学共通教育センター 非常勤講師
2012-2017  立教大学全学共通カリキュラム運営センター 兼任講師
2012-2017  開智中学・高等学校 非常勤講師
2014-現在   静岡大学人文社会科学部 非常勤講師
2015-2017  開智日本橋学園中学・高等学校 非常勤講師
2017-2020  開智日本橋学園中学・高等学校 教諭(専任)
2017-2020  開智国際大学教育学部 非常勤講師
2020-現在   開智国際大学教育学部 准教授(専任)
主な研究業績 【著書(単)】『僕らの世界を作りかえる哲学の授業』、土屋陽介、青春出版社、p.224、2019
【論文(共)】「「子どもの哲学」が問いかけるもの:その教育理論と哲学的問題」、村瀬智之・土屋陽介、『哲学』、第69号、pp.90-100、2018
【論文(共)】「道徳科における「子どもの哲学」(P4C: Philosophy for Children)の導入:「哲学対話」授業の基本原理と授業案・カリキュラム・評価の検討」、藤井基貴・土屋陽介、『静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇)』、第49号、pp.73-89、2018
【論文(単)】「「考え、議論する道徳」の哲学的基礎づけ:フロネーシスの教育の観点から」、土屋陽介、『開智国際大学紀要』、第17号、pp.41-54、2018
【論文(共)】”Philosophical Dialogue and Intellectual Virtues.” Tsuchiya, Yohsuke., & Miyata, Mai. Journal of Humanities Therapy, Vol.6, No.2, pp.121-136, 2015

出身校・学位
  • 信州大学 人文学部人間情報学科基礎人間学コース哲学専攻 学士(文学)
    東京都立大学 大学院人文科学研究科哲学専攻 修士(文学)
    千葉大学 大学院社会文化科学研究科都市研究専攻現代哲学専門 博士課程単位取得後退学
    立教大学 大学院文学研究科 博士(教育学)

所属学会
  • 日本哲学会、日本倫理学会、応用哲学会、教育哲学会、日本哲学プラクティス学会、日本倫理道徳教育学会、日本アクティブ・ラーニング学会、東京都立大学哲学会、ICPIC(The International Council of Philosophical Inquiry with Children)

外部資金の受入、競争的研究資金の採択状況
  • ・2020.4 – 2024.3
    科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    「哲学、教育哲学、教育実践を架橋した共同研究による新たな徳認識論の理論の構築」
    研究分担者(研究代表者:立花幸司)
    ・2018.4 – 2022.3
    科学研究費助成事業 若手研究
    「哲学・倫理学を取り入れた中学校の「道徳科」授業の開発」
    研究代表者
    ・2007.4 – 2009.3
    科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    「哲学的「実在」概念の再検討」
    研究代表者

     

Return to Top ▲Return to Top ▲