閉じる

教員紹介―坪能 由紀子 教授

所属・職位 教育学部 教授
専門分野 音楽教育学
研究テーマ 子どもの音楽づくり / 創作の研究
主な担当科目 Local & Regional Studies 特論 / ゼミナールⅠ・Ⅱ / 初等教科教育法(音楽)
職務経歴 1971-1977 京都教育大学教育学部助手(専任)
1978-1997 文教大学教育学部(非常勤)
1990-2016 東京藝術大学音楽学部大学院(非常勤)
1997-2003 高知大学教育学部教授(専任)
2003-2015 京都芸術大学音楽学部(非常勤)
2003-2017 日本女子大学家政学部児童学科教授(専任)
2005-2015 洗足学園音楽大学現代邦楽研究所(非常勤)
2017-現在  開智国際大学(専任)
主な研究業績 【著書(単)】『音楽づくりのアイディア』、音楽之友社、158p.、1995.4
【著書(共)】『みんなピアノ大好き』、駒久美子・味府美香・木下和彦、全音楽譜出版社、164p.、2016.1
【翻訳(単)】『音楽をつくる可能性』、Paynter,John,Sound and Structuire、音楽之友社、284p.、1994.1
【監修(単)】“International Journal of Creativity in Music Education vol.5”,Institute of Crativity in Music Education.158p.,2017.3.31.
【論文(単)】“Convention for Ocarinas”: A musical piece or a workshop plan?,Journal of Creative Music Activity for Children,vol.3.pp28-39,2015

出身校・学位
  • 東京藝術大学音楽学部楽理科(芸術学士)

所属学会
  • 日本音楽教育学会(常任理事)、日本ポピュラー音楽学会、日本カリキュラム学会、サウンドスケープ協会、関西音楽教育研究会(顧問)、新しい音楽教育を考える会(Institute of Creativity in Music Education,代表)、国際音楽教育学会(International Society for Music Education)、 MCP音楽授業研究会

外部資金の受入、競争的研究資金の採択状況
  • ・2014-2016年度
    科研費(基盤研究(C))
    「鑑賞と音楽づくりを通した音楽理解の再構築」(研究代表者)

Return to Top ▲Return to Top ▲