閉じる

教員紹介―田近 裕子 教授

所属・職位 国際教養学部 教授
専門分野 英語教育 / 第二言語習得研究 / 応用言語学
研究テーマ 第二言語習得研究 / 教授法研究 / 読解研究 / 語彙習得研究 / 初等英語教育研究
主な担当科目 英語A / 英語学概論 / 英文法 / 英語科教育法
職務経歴 1986-1988  白梅学園短期大学 専任講師、助教授
1989-1990  津田塾大学学芸学部 専任講師
1991-1999  津田塾大学学芸学部 助教授
2000-2016  津田塾大学学芸学部 教授
2017-2019  津田塾大学総合政策学部 教授
2020-現在    開智国際大学 教授
主な研究業績 【著書(共)】『生きる力を育む初等英語教育』、小学館、2015、第1章「外国語う学習とは~第二言語習得の視点から」pp.1-19、第4章「教師に求められるもの」pp.85-87、第7章「これからの小学校英語~評価を踏まえて」pp.243-246
【論文(単)】”Learner-centered Reading Instruction : Inferencing and Vocabulary in L2 Reading.” JACET Summer Seminar Proceedings, pp.23-28. JACET 2013
【著書(共)】『英語教授デザイン:学習空づくりの教授法と実践』、大修館、2010、第8章「内容中心の指導法」pp.73-82
【論文(単)】「学習者にとってのリーディングと語彙~語彙研究を教室活動に活かす」、『ELEC BULLETIN 英語展望』、2005、No.112、pp.35-39
【著書(共)】『英文読解のプロセスと指導』、大修館、2002、第9章「推論」 pp.185-207、第11章「文化知識」pp.229-242

出身校・学位
  • 津田塾大学学芸学部英文学科 卒業
    津田塾大学文学研究科 修士修了(英文学)
    米国 University of Minnesota Graduate School 修士修了(MA in English as a Second Language)
    米国 University of Minnesota Graduate School 博士 (Ph.D. in Applied Linguistics)

所属学会
  • JACET(Japan Association of CollegeEnglish Teachers)、ELEC(The English Language Education Council)同友会、JASTEC(The Japan Association of the Study of Teaching English to Children)

外部資金の受入、競争的研究資金の採択状況
  • ・2018-2020
    科学研究費基盤研究(c) 研究代表者
    「テクスト読解に寄与する語彙力の分析的研究に基づく語彙習得の効果的な指導法開発」
     
    ・2014-2016
    科学研究費基盤研究(c) 研究代表者
    「英文読解における語彙力の涵養と語彙習得指導の実践:未知語に関する推論の力の活用」
     
    ・2008-2010
    文部科学省 教育GP: 質の高い大学教育推進プログラム 取組責任者
    「津田塾大学:専門課程におけるカリキュラム協調開発」
     
    ・2005-2008
    科学研究費基盤研究(c) 研究代表者
    「初等英語教育におけるALT, JTE, HRTの特性を活かした教育方法の研究」
     
    ・2005-2006
    文部科学省 小学校英語活動地域サポート事業 津田塾大学 取組責任者
     
    ・2001-2003
    科学研究費基盤研究(c) 研究代表者
    「初等英語教育および多文化教育における教員養成とシラバス・デザインの研究」

Return to Top ▲Return to Top ▲