開智国際大学 受験生サイト

ONLINE OPEN CAMPUS

開智国際大学を知ろう!

開智国際大学の特色

開智国際大学の4つの特色

授業で取り入れている探究型教育は、世界の多くの先端的大学が行っている教育方法です。既存の知識を基に、新たな理論や考え・知識を獲得するのに最適な手法であり、これからの国際社会で必要な創造力・発信力・プレゼンテーション力・コミュニケーション力等がしっかり身につきます。また、これからの教育の主流となるアクティブ・ラーニングの視点を「主体的・対話的で深い学び」と捉えると、これはまさに「探究型教育」そのものです。この探究型教育で、社会に出て役に立つ企画力、構想力、実践力を養います。

1年生の段階から、英語の授業は週4回、年間で延べ180時間を少人数の習熟度(英語力)別編成のクラスで学びます。また2年生からは英語のみで授業を行う科目が年間8単位程度あり、1年間で180時間前後を英語で学ぶことができます。また、開智国際大学では東南アジアや南アジアなどから来ている高学歴で英語の得意な留学生や交換留学生との英語でのコミュニケーション、海外でのインターンシップや夏休みを利用したインテンシブな英語学習などで、実践的なビジネス英語も学べます。さらに英語を ICT機器で学べる環境も用意しています。

少人数で ICTを活用した授業が随所で行われています。電子黒板が壁3面に設置された教室、ノートパソコンが全員に用意された教室、英語の語学学習を eラーニングのシステムを使って学べる教室など、最新の学びの環境を用意しました。教育学部では電子黒板の有効な使い方、通信機能を使った双方向の授業、メールでの予習・復習のチェックや課題のやり取りなど、教員に必要な ICT活用力を身につけます。国際教養学部では、ビジネスに必要なデータの収集や分析、コミュニケーションの道具として、プレゼンテーションの資料作成、会計諸帳簿や経営資料の作成保存に、効率よい事務処理等、国際企業人、公務員、起業家としてさまざまな職業で必要な ICT スキルを身につけます。

教育学部では、1年生の段階から併設の小・中・高でインターンシップ(職場体験実習)を行い、「教育現場を知り、実践力のある教員の育成」を目指しています。また3年生からは教育実習や介護体験だけでなく、併設の小・中・高、地元の公立学校での教育サポーターなどを経験して、教員としての専門性を高めていきます。国際教養学部では、1年生は「公務員インターンシップ」を行い、地方自治体などで「公務員」の組織や仕事、役割などを学びます。2・3年生は本学が提携している多くの企業でインターンシップを行い、「企業の現場を知り、実践力のある企業人の育成」を目指します。また、海外でのインターンシップや、さらに3・4年次には就活塾などを開きます。

動画再生

開智国際大学の魅力とは?

  • ダイバーシティ(多様性)を大切に
 -17ヵ国の学生が集うキャンパス-
  • 熱意をもって指導にあたる教員
  • 少人数教育による探究型授業の実践

開智国際大学の魅力とは?

  • ダイバーシティ(多様性)を大切に
 -17ヵ国の学生が集うキャンパス-
  • 熱意をもって指導にあたる教員
  • 少人数教育による探究型授業の実践

教育学部を知ろう!

教育学部の特色

教育学部の特色

本学の授業は、ICT機器を縦横に使い探究型のアクティブ・ラーニングを中心に展開されます。こうした授業を通して教員として必要なアクティブ・ラーニングの指導法や、ICTの活用法を身につけていきます。

充実した心理学の学びを通し、児童・生徒の心や認知・思考といった側面を踏まえた効果的な授業を展開することができます。また、カウンセリング力を伸ばし、児童・生徒のさまざまな相談や学習障害への対応力が身につきます。

「生きる力や創造力」「コミュニケーション力」「問題解決力」など「21世紀型の学力」を児童・生徒が身につける探究教育の手法や、国際社会に通用する英語力を育成するなど、ほとんどの授業やゼミを少人数で行います。

教育学部は1年次に週4コマ(各90分)の英語の授業を行います。2年次からは教養科目を英語で学ぶなど、英語科の教員はもちろん、国語科の教員や、小学校の教員志願者も英語を深く学び、英語が使えるグローバルな教員を育てます。

大学1年次から探究型授業を実践する併設小・中・高等学校の学校インターンシップで実践力を育てます。4年間の教員採用試験対策講座は教員採用試験に精通した教育委員会 OBや小・中・高等学校の元校長が指導し、合格力を高めます。

取得可能な資格

取得可能な資格

初等教育専攻
  • 小学校教諭一種
中等教育専攻(国語/英語)
  • 中学校教諭一種(英語/国語)
  • 高等学校教諭一種(英語/国語)

教員採用試験対策講座の特長

教員採用試験対策講座の特長

憲法、教育基本法など基礎的な教育法規と教育学基礎を重点に指導

学習指導要領を中心に教科の専門と教科教育法などを重点に指導

集中講座を開始し、教職教養試験、専門教養試験対策を重点に指導

試験の傾向と対策を過去問や模擬問題を中心に実践指導

インターンシップ実施計画

インターンシップ実施計画

初等教育専攻は小学校に、中等教育専攻は中学・高等学校に、それぞれ1年間を通して配属されることになります。学期期間中は大学の授業のない日に授業参観やサポーター、チューター、行事体験などを行い、春休みには 1 週間連続し て配属学級で集中インターンシップを行います。この期間に21世紀型の授業を中心に、しっかりとした学校教育体験を積むことになります。
実施校
開智小学校/開智望小学校/開智中学 · 高等学校/開智日本橋学園中学・高等学校
地元の協力校で、チューターや学習サポーターを中心にインターンシップを行います。併設校でのインターンシップは、希望者に対して、1・2年次の発展型の授業体験等を実施します。
実施校
地元協力公立小中高等学校 / 開智小学校 / 開智望小学校 / 開智中学・高等学校 / 開智日本橋学園中学・高等学校

動画でわかる教育学部

動画でわかる教育学部

動画再生

学部説明

  • 教育学部の雰囲気
  • 本学の目指すもの
  • 教師になるということ
動画再生

3つの特色

  • アクティブ・ラーニング
  • 学校インターンシップ
  • 教員採用試験対策講座

国際教養学部を知ろう!

国際教養学部の特色

国際教養学部の特色

目指す進路に合わせて履修できる専門科目と3つの科目群

学生全員に学んでほしい学びの基礎となる科目

○総合講座 ○社会と文化 ○国際コミュニケーション ○海外研修

経済学、経営学、情報などの人と組織、経営について学び、実務能力を身につける
○経済 ○経営 ○ビジネス情報
国際社会のしくみや国際関係、世界の国・地域の文化を学び「生きていくとは何か」を考える
○文化理解 ○地域研究 ○国際社会
さまざまな分野の心理学やその演習、実習を行い、自己理解、他者理解を深める
○心理基礎 ○心理応用 ○心理臨床

多様な進路を実現する学び方

「グローバルビジネス科目群」「国際教養専門科目(英語・海外研修)」 グローバル・ビジネス論などで世界の潮流を学び、経営学やマーケティングなどビジネス系専門科目を習得して、海外展開している企業や外資系企業で活躍できるスキルを身につける
「グローバルビジネス科目群」「多文化・国際社会科目群」 日本経済を知り地域経済のポジションを理解し、地域経済で活躍できる企業について経営学や企業行動原理を学ぶ。地域の伝統や風土を深く理解するために多面的に日本人論や日本文化を学ぶ。
「多文化・国際社会科目群」「国際教養専門科目(英語・海外研修)」 世界の複合的な問題を解決するために、海外の文化や地域の事情、国際関係を学び、世界で通用する英語力を高めながら、国際機関やNGOなど、国際社会で活躍する仕事を目指す。
「グローバルビジネス科目群」「人間心理科目群」 経営学の中でも経営組織論や、会計関係科目、マーケティングなど起(企)業家になるために必要な使える知識を身につける。さらに市場での消費者行動心理を深く理解するために心理学に関わる学問群を学ぶ。
「人間心理科目群」 公認心理師(国家資格)の受験資格取得や心理系公務員を目指す。人の心や対人関係のメカニズムを理解し、医療、福祉、教育、司法、産業といったさまざまな領域で、支援を必要としている人を心理学的に援助する方法を身につける。
「グローバルビジネス科目群」「国際教養専門科目(英語・海外研修)」 企業ビジネスの第一線で活躍するために経営学修士(MBA)を取得する。国内外の MBA コースのある経営大学院に進学するための学問群を学ぶ。経営学全般、特に経営組織論やグローバルビジネス論やマーケティング全般を幅広く学ぶ。
多様な科目群の組み合わせから選択 国際関係論で国際社会の現状を学ぶ。経済学で重要な原理原則や理論を学ぶとともに経営学で企業行動原理を理解し、心理学やマーケティングで消費者行動を分析する力を身につける。興味関心に応じてさまざまな組み合わせの学びを選択できる。

Field Study Trip(海外研修)

国際教養学部では、1年次に2週間のField Study Trip(海外研修)が予定されています。
この研修は、語学力の向上だけでなく、世界が直面する課題に向き合い、問題の背景や解決方法を探る想像力、実践力を養うことを目的としています。

動画でわかる国際教養学部

動画でわかる国際教養学部

動画再生

学部説明

  • 国際教養学部-Faculty of International Liberal Arts
  • 時代の変化
  • Cashless Economyの事例で考えてみよう
  • 日本ではなぜキャッシュレス化が進まないのか?
  • FILAの学びの全体像
  • FILAの特色
  • FILAが目指す学生像
動画再生

グローバルビジネス科目群

  • 企業経営における経営資源(Management Resources;人財、 財務、 情報など)について学び、活用の仕方を理解する
  • 組織における自分の役割について学び、実務能力を身につける
  • 国家間の違いを理解し、グローバル市場における経営について学ぶ
動画再生

多文化・国際社会科目群

  • 国際社会のしくみや国際関係について学び、国際人としての素養を身につける
  • 世界のさまざまな国 ・地域の文化を学び比較することによって、異文化を理解する
  • さまざまな社会的分野との関連で文化を捉えることにより、「生きていくとは何か」を考える

人間心理科目群

  • 心のはたらきや、行動の法則について学ぶ
  • 心の健康について学び、多彩な支援方法を学ぶ
  • 心を科学的に研究する方法を学び、思考力や問題解決力を身につける

入試について知ろう!

多様な入試形式

多様な入試形式

総合型選抜

  • 開智国際大学が第一希望
  • 自分の考えを伝えることが得意
  • 自分の可能性をもっと広げたい
POINT
  • プレゼンテーションは10 分間でテーマは自由
  • 志望理由書:360 字以内
  • 15 分の個人面接
  • 自分の意見を文章にするのが得意
  • 一般教科以外で受験したい
POINT
  • 合格発表から入学手続き締切までの期間が長い
  • 小論文:提示されたテーマに対して作文
  • 英語の資格・検定を活かしたい
  • 来校せずに受験したい
  • POINT
    • 合格発表から入学手続き締切までの期間が長い
    • 志望理由書:800 ~ 1000 字
  • 特待生を目指したい
  • 学習意欲がとても高い
  • POINT
    • 4 人に一人が特待合格
    • 小論文: 提示された文章を要約し考えをまとめる
    • 英文読解: 英文を読んで日本語で要約
    • 論述問題: スマートフォン、タブレット、辞書等 持込可 数・理・社から1 科目を選択して解答

一般選抜

  • 特待生を目指したい
  • 受験勉強の成果を発揮したい
POINT
  • 成績優秀者が特待合格
  • 国語 : 記述を含む共通テストレベルの問題
  • 英語 : 英作文を含む共通テストレベルの問題
  • 論述問題:スマートフォン、タブレット、辞書等 持込可。数・理・社から1科目を選択して解答
  • 国語と英語が得意
  • 受験勉強を頑張ってきた
POINT
  • 受験日程の選択肢が多い
  • 国語と英語は共通テストレベルの問題
    • 特待生を目指したい
    • 国公立の併願に受験したい
    • 得意な科目で受験したい
    POINT
    • 大学入学共通テストの得点で判定
    • 本学独自の試験は実施しないため来校不要
    • Ⅰ~Ⅲ期全て受験しても検定料 1,000 円

動画でわかる入学試験

動画でわかる入学試験

動画再生
動画再生

キャンパスツアー

在校生がキャンパスをご案内します!

動画再生
動画再生

個別相談 (事前申込制)

平日9:00~17:30まで受験生からの個別相談を受け付けています。アドミッションセンター担当者、各学部の教員が対応します!

電話で相談

04-7167-8655
受付時間 9:00~17:30

WEBで相談

Google meetを使用します
ご希望の方は予約フォームからお申込みください。

メールで相談

admission@kaichi.ac.jp

Return to Top ▲Return to Top ▲