お知らせ

入学式を挙行しました

2015年4月3日、開智国際大学として初めてとなる入学式を挙行しました。
式典では、北垣日出子学長の式辞・青木徹理事長の祝辞の後、来賓の秋山浩保柏市長より祝辞をいただきました。

北垣学長は故スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学でのスピーチを引用した上で、「特別な価値を感じていなかったものごとが、点と点を結び、線を描くようにつながる日が来ます。それは知識であったり、経験であったり、人間関係であったり、生きていく中で獲得した考え方や生き方すべてです。今を大切に生きていけば、必ずそれらが実を結びます。
大学での4年間は、近視眼的な考え方を捨て、とにかくたくさんの点を作ってください。本学はリベラルアーツ教育を標榜する大学として、幅広い分野に多数の科目を設け、皆さんの様々な興味にこたえられる学びの機会を提供しています。この豊かな土壌を守るため、本学で創立以来大切にし、誇りにしているのが少人数教育です。そのような環境で、幅広い教養を身につけ、奥深い研究をし、課外活動にもチャレンジしてください。今日から始まる大学生活が、様々な対話と気づきを得る場として、たくさんのドット(点)を作る場として、有意義で実り多いものとなりますよう祈念しています。」と述べました。

新しい一歩を踏み出した新入生を歓迎するように、キャンパス内の桜は満開に咲いていました。


左より北垣学長、青木理事長、秋山柏市長

2015/04/08