お知らせ

「柏市内四大学・市立図書館合同ビブリオバトル」が本学で行われ、本学森井勇次君が健闘!奨励賞をいただきました。

11月21日(土曜日)、柏市立図書館と柏市内4大学(二松学舎大学、麗澤大学、東京大学、本学)から選ばれた5名のバトラー(挑戦者)による「ビブリオバトル」が、本学のこもれびホールで開催されました。4年目を迎えた今年は、これまで以上に白熱した戦い。柏市が募集した大学図書館巡りバスツアーの参加者を含めた多くの観客を前にして、いずれのバトラーも堂々と発表し、持ち時間いっぱいにおすすめ本の魅力を語ってくれました。
結果は、チャンプ本には『身近な雑草の愉快な生き方』をすすめた二松学舎大学の西翔太君が選ばれましたが、本学の森井勇次君も大健闘。幕末を舞台にした推理小説である『相棒』の魅力を、熱く語ってくれました。こちらの本は図書館内に展示してありますので、貸出を受けて、是非ご一読ください。

DSCN3090

[各バトラー(敬称略)とおすすめ本]                                                                                               1 西 翔太(二松学舎大学文学部国文学科3年)
『身近な雑草の愉快な生き方』 / 稲垣栄洋 / 筑摩書房 / 2011
2 森井勇次 (開智国際大学リベラルアーツ学部総合文化学科3年)
『相棒』 / 五十嵐 貴久 / PHP研究所 / 2008
3 広川英司( 東京大学新領域創成科学研究科・海洋技術環境学専攻・修士課程2年 )
『ファウンデーション』 / アイザック・アシモフ / 早川書房 / 1984
4 大沼 洋文( 麗澤大学外国学部ドイツ語・ドイツ文化専攻4年)
『アドルフ・ヒトラーの青春:親友クビツェクの回想と証言』 / アウグスト・クビツェク / 三交社 / 2005
5 小島 和子(沼南読書会・市内緑ヶ丘在住)
『 大人になるっておもしろい?』 / 清水真砂子 / 岩波書店 / 2015

DSCN3123
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015/11/27