図書館案内

図書館案内

入館手続き

図書館に入館するときは、学生証(教職員は身分証明証、学外の方は図書館利用証)を必ず携帯し、出入口ゲートのリーダーでバーコードを読み取って入館してください。利用証をお持ちでない方は、カウンターのスタッフに声をかけてください。

図書の貸出と返却

貸出冊数・期間
  冊数 期間
学生 10 2週間
教職員 10 1ヶ月
卒業生 5 1ヶ月
学外の方 3 2週間

参考図書・雑誌・新聞・視聴覚資料(DVD等)は館外貸出はできません。館内で閲覧してください。
長期休暇期間は特別貸出をします。期間については事前に掲示しますので、確認してください。

貸出

借りたい資料と学生証(利用証)を持って、カウンターで貸出手続きをしてください。

返却

カウンター、または、<返本台>に返却してください。閉館時は、図書館入口自動扉横の<ブックポスト>に入れてください。

延長

返却期限前に資料をカウンターに持参すれば、返却期限を2週間延長できます。(ただし、予約者がいる場合は除く)

予約

借りたい資料が貸出中の場合、予約をすることができます。返却され次第、掲示、電話、又はE-mailでご連絡します。なお、取り置き期間は1週間です。

延滞

他の利用者の迷惑となりますので、借りた資料は、必ず返却期限を守ってください。なお、延滞中の本があると、他の本の貸し出しができなくなります。

雑誌・新聞・視聴覚資料

雑誌(雑誌コーナー)

雑誌は、最新号は雑誌書架の上段に、過去1年分は下段に配架されています。それ以前のバックナンバーは地下書庫にありますので、閲覧を希望する方はその雑誌名と巻号をカウンターに申し出てください。

新聞(新聞コーナー)

当日の新聞は、閲覧室ソファ横の新聞ボックスに、過去1ヶ月分は新聞低書架にあります。また、過去3ヶ月分を事務室内に保管しています。また、『日本経済新聞』、および『朝日新聞』については、全文記事データベース(日経テレコン21・聞蔵)をご利用ください。

視聴覚資料(AVコーナー)

視聴を希望する作品のケースをカウンターに持参し、貸出手続きをしてください。館内でのみ視聴可能です。

レファレンス

レファレンス質問は、レファレンスカウンターで常時受付しています。また、各分野のレファレンスブックは参考図書コーナー、1F集密書庫にあります。

ILLサービス(図書館間の相互貸借)

本学図書館に所蔵のない資料は、他の図書館から郵送で取り寄せることができます。(送料・複写料等は申込者の負担となります)

文献複写依頼

論文・雑誌記事のコピーを、他大学から取り寄せます。カウンターで申込をしてください。

論文・雑誌記事の検索には、マガジンプラス、CiNiiなどのデータベースをご利用ください。検索方法は図書館職員がご説明します。

現物貸借

他機関(大学、国立国会図書館など)で所蔵する資料を郵送で取り寄せ、借り受けることができます。ただし、借り受けた資料の閲覧は館内のみとなります。借り受け機関は通常1ヶ月程度です。

他大学図書館利用

他大学の図書館を訪問したいときは、TULC参加館を利用するか、または、所定の手続きをした後に訪問してください。

TULC(東葛地区大学図書館コンソーシアム)

江戸川大学、川村学園女子大学、中央学院大学、東洋学園大学、麗澤大学、二松学舎大学の7つの大学図書館については、自由に利用できます(貸出も可)。

その他の大学

資料を閲覧したり、コピーを取ったりするために、他大学の図書館を訪問したいときは、<紹介状>を発行します。閲覧したい資料(分野)、訪問予定日を決めて、カウンターで申込みをしてください。紹介状は、通常、1週間程度で発行できます。

リザーブブック〔館内閲覧のみ〕

リザーブブックは、講義に関連する教員の指定図書です。リザーブブック・コーナーにあります。利用の際、申込の必要はありませんが、一部の資料(視聴覚資料など)は事務室内に別置してありますので、それらの利用を希望する場合はカウンターに申し出てください。館外貸出はできません。また、より多くの人が利用できるように、利用し終わったら、すみやかにもとあった場所に戻すようにしてください。

複写〔コピーカード式〕

図書館にあるコピー機は、図書館資料を複写するために設置されています。図書館資料を複写する際は、以下の事柄を守って、著作権上の範囲内で複写を行ってください。

  • 図書館資料の研究調査のための複写が認められています。
  • 著作物の半分以下の複製を、一人一部のみ、複写が認められています。
  • 著作者の死後50年経過するまでは、その著作物の半分以上の複写はできません。
  • 雑誌記事・論文は刊行後3ヶ月を経たもの、もしくは次号が刊行された雑誌に限り、その全部を複写することができます。
  • 原則として図書館内にあるコピー機で図書館資料以外をコピーすることは著作権違法にあたるのでご遠慮下さい。

注意事項

  • 学生証(利用証)を携帯してください。
  • 図書館の資料を館外に帯出する時は、必ずカウンターで所定の手続きをとってください。
  • 館内での飲食・喫煙は禁止されています。
  • 携帯電話はマナーモードにしてください。館内での通話は禁止です。

フロアマップ