プライバシーについて

本学では、学生及び保証人の個人情報を教育研究、学生指導及び業務に必要な範囲内でデータベース化しています。個人情報の保護に関して、法律や政令を遵守することはもとより、個人情報の保護に関する規定を制定し、全学的な体制で保護対策を講じています。

学生の個人情報データの保護について

「学生個人情報」とは

本学において教育を受け、又は受けようとした者に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、顔写真その他の記述により特定の個人を識別することができるものをいいます。

「学生情報データベース」とは

学生の個人情報を含む情報の集合体であり、特定の学生個人情報をコンピュータを用いて検索することができるように体系的に構成したものをいいます。

「学生個人データ」とは

学生個人情報のうちデータベースで管理する情報及データベースから引き出された情報をいいます。

利用目的の特定

学生個人情報は、教育研究、学生指導及び業務に必要な範囲に限定して利用します。

適正な取得

学生個人情報を取得するときは、適正な手段により行います。なお、思想、信条及び宗教に関する事項ならびに社会的差別の原因となる事項については、特段の配慮をします。

利用目的の通知等

学生本人から提出を受けた書面等により、直接当該本人の学生個人情報を取得するときは、あらかじめ本人対し、その利用目的を明示します。利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、本人に通知又は公表します。

管理措置

学生個人データの取扱いは、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保ち、漏洩、滅失・毀損防止その他、安全管理のために、必要かつ適切な措置を講じます。
また、取扱いの全部又は一部を企業等に委託する場合は、安全管理が図られるよう、委託先と委託契約書を結ぶと共に、委託先の選定にあたってもサービスの有効性はもとより個人情報保護システムが確立していることを条件とします。