閉じる

理事長挨拶・学長挨拶

Greeting from the president

理事長挨拶

2017年4月1日、開智国際大学は、開智学園が総力を結集した21世紀型の新しい教育を推進する最新の大学として、大きく生まれ変わります。

改編新設の「教育学部」と「国際教養学部」の2学部では、学びの分野を広げるとともに、大きく変容する21世紀の社会、特に「グローバル化とAI・ロボット化する社会」に対応するため、「探究型教育」「英語教育」「ICT活用教育」を重点とした学びと授業の改革を進めてまいります。
そのために、まず人材と設備を整えました。授業力、研究力アップのために、既存の優秀な教授陣に加え国立大学のベテラン教授陣、教育現場の管理職、研究者を招聘、また、数億円をかけ、教育機材やICT機器を充実させるなど教育環境の整備を行いました。さらに教育学部には「教職センター」を置き、学部の教育の充実を図ります。加えて教育現場との教育研究を推進していく「教育研究所」も、開設します。また、引き続き2学部制に対応した学部の組織の改革を行っていきます。

新たに設置した「教育学部」には、小学校教師養成の課程と中学校・高等学校教師(英語・国語)の養成課程があります。ここでは、学習者(児童・生徒)が主体的で対話的に深く学ぶ、いわゆるアクティブ・ラーニング型の指導ができる教師の育成を最優先にしています。さらにICT機器を縦横に使って指導できること、英語力を持つことも重要視しています。それらが、これからの主流となる学校教育に不可欠なものとなっていくはずだからです。こういった教育をすすめることができる教師を育てる授業環境として、電子黒板、プロジェクター、パソコンやタブレットなど最新の機器を授業で使える教室を準備しました。
これからの教員養成では、学校インターンシップが最重要となります。本学教育学部は、小中高校を併設するグループの一員であるメリットを最大限に生かし、大学1年次から併設校でインターンシップを実施します。併設校には、アクティブ・ラーニングを主体とした探究学習に定評のある開智中学・高等学校と、国際バカロレアのMYP(中等教育プログラム)、DP(ディプロマプログラム・大学進学準備プログラム)の候補校の開智日本橋学園中学・高等学校(高校は平成30年度より校名変更予定)、国際バカロレアのPYP(初等教育プログラム)の候補校である開智望小学校、さらに4・4・4制など新しい教育を推進している開智小学校などがあります。まさに、大学の学際的な学びと教育現場の実践教育がコラボした新しい「教育学部」の誕生です。

「国際教養学部」は、学部の枠を超えたグローバルビジネス科目群、グローバルコミュニケーション科目群、比較文化科目群、人間心理科目群を設けています。ここでは、入学してから自分の学びたいことを、これらの科目群のすべての授業の中から横断的にセレクトできるという、オーダーメイドの学びが用意されています。
将来の自分の職業を見据え、今何を学べばよいかを基に、授業を選択して学ぶことができます。たとえば、ビジネスを中心に据え、加えてグローバルコミュニケーションも合わせて学びたいというダブルスタンダードの学び方も可能です。1年次はグローバルビジネス、グローバルコミュニケーション、比較文化、人間心理のそれぞれの科目群からいろいろな授業を選択し、上級学年になるにつれ、自分の将来の仕事を見据えて授業を絞り込んでゆくことができます。こうした、今までの学部制ではできない、枠にとらわれない自在な授業選択が可能です。
また、大学1年生から自分で探し、自分で決める企業インターンシップを行います。200社近い地元の企業と提携したインターンシップは、自分がやりたい、自分に適した仕事の選択をするトレーニングに役立つことでしょう。こうしたインターンシップは、現実社会を知ることで大学の授業の必要性を理解し、自分の様々なスキルの向上にも役立ちます。実社会と大学教育がコラボした、これもまた新しい国際教養学部の誕生です。

新しく生まれ変わる開智国際大学は、大きく変容する21世紀の国際社会に貢献できる人材を育成すべく、大学、学園全体が一丸となって邁進してまいります。

学校法人 開智学園
理事長 青木 徹

学長挨拶

本学は、2017年4月より、学校法人開智学園の一翼を担う大学として、「教育学部」と「国際教養学部」を新設し、新たな一歩を踏み出しました。開智国際大学の「元年」です。
「教育学部」「国際教養学部」の一期生として、本年4月には、主体的に学び、キャンパスライフを意義あるものにしたいという大きな夢と希望をもつ新入学生がたくさん集まってくれました。教職員一同、「大学元年」を心に刻み、「智の扉を開き、広く知識を修得し、未来を創造する」という本学のリベラルアーツ教育を示す「開智」と、「地域社会・国際社会に貢献する人材を育成する」という大学の教育方針を併せ持った「開智国際大学」の名前にふさわしい教育を実践していこうと、決意を新たにしております。

本学では、数年来、「国際英語」と「アクティブ・ラーニング」を二本の柱に据えて、改革を進めて参りました。英語は最早、アメリカ人やイギリス人など英語を母語とする人々との間のコミュニケーション・ツールというよりはむしろ、世界中で多国間の人々とのコミュニケーション・ツールとして使われています。本学では、1年次に週4コマの英語を必修とし、学生たちは、ネイティブの先生の指導により、少人数のクラスで学んでいます。それは”English as a native language”ではなく、”English as an international language”として、相手の話を聞き取り、自分の意見や要望を伝えるコミュニケーション・ツールとして、これからのグロ―バル社会に生きていく若者が活躍に必要な実践的な国際英語を身につけています。
 また、本学では講義中心の授業から、少人数教育の利点を活かして、PBL(Project Based Learning:問題解決型学習)手法を活用し、学生が主体的に参画し、考え・学ぶアクティブ・ラーニング型(探究型)の授業にシフトしていく取り組みを続けてきました。アクティブ・ラーニング教室を設置し、アクティブ・ラーニング型の授業を増やし、社会に出てから役に立つ共創力、思考力、コミュニケーション力、問題解決力をしっかりと育成しています。
 「国際英語」と「アクティブ・ラーニング」について、FD委員会を中心に、「教員同士の学び合い⇔授業での実践」を数年にわたって研究・実践してきました。これら二本の柱は、ここ数年間で着実に充実したものとなり、「開智国際大学式国際英語/開智国際大学式アクティブ・ラーニング」として、教育効果をもたらしています。今年度からスタートする「教育学部」「国際教養学部」でも、この二つのコンセプトは本学の学びの土台として、今後さらに充実化をはかり拡張させていきます。

初等教育専攻と中等教育専攻をもつ「教育学部」は、小規模大学であること、そして小学校2校、中学・高等学校3校を学園内にもっているという、本学の強みを十分に活かした教育を行います。具体的にいうと、併設校である小・中・高校でのインターンシップなど学校教育現場における実習経験を積みながら学びの幅を広げていくこと、そして、教員採用試験対策の指導を徹底することにより卒業時には教員として飛び立てるよう、きめ細かな指導に取り組んでいくことです。
このような教育を実現するために、国立大学教育学部での学生指導に経験豊富な教授陣、教育現場での管理職・研究者を招聘し、盤石な教育指導体制を整えました。また、電子黒板など先端の教育機器も新たに取り入れ、それらの機器を活用して探求型教育が行える教師として自信をもって生徒の指導に当たれるように、教育環境も整えております。これらの教育環境と授業への独自性と特長を生かしながら、小さいけれどきらりと光る、唯一無二の「教育学部」を作り上げていきます。
グローバル化が急激に進み、情報技術は日進月歩する21世紀の社会で成功をおさめるためには、これまでとは違った視点での学びが必要とされています。このような時代をたくましく生き抜くために、本学の「国際教学部」では、「人間理解」「文化・言語」「地域・社会」「国際社会」の4つの科目クラスターを設け、これらを組み合わせることにより、学問領域を超えた学際的な学びを、アクティブ・ラーニング型の授業を通して修得していきます。また、海外のさまざまな文化圏から優秀な留学生を迎えキャンパスのグローバル化をはかり、日々の学修の中で、他文化を理解し受容する姿勢を日常的に養います。さらに、英語で学ぶ専門科目を設け、海外での留学の機会を増やすことによって、グローバル社会で活躍できる人材の育成に努めます。
グローバルビジネス科目群、比較文化科目群、グローバルコミュニケーション科目群、人間心理科目群の4つの科目群は、専門領域の枠を超えた横断的な学びを実現します。一つの科目群に限定して専門領域を深く学ぶのも良し、科目群横断的に幅広く専門領域を学ぶのも良し。学生一人ひとりが将来を見据えて、自分自身の学びの枠を創っていきます。国内外でのボランティア活動やインターンシップをたくさん経験し、その経験を学びに反映させながら、自分自身の将来について考え、準備を整える4年間といたします。グローバルに、グローカルに、果敢に挑戦できる人材を育成します。
小規模大学である本学では、教員間、職員間、教職員間での会話が多く、大学のために、学生のために「私に何ができるか」を一人ひとりがそれぞれの立場で考えて実践しています。それが渦となり、学生もそれに呼応して、「大学を良くしていこう」という機運が全学に高まっています。教育は「人」です。開智国際大学は、名実ともに生まれ変わります。本学の今後にご期待ください。

開智国際大学
学長 北垣 日出子

Return to Top ▲Return to Top ▲