インターンシップ

授業や教育実習とは別に、1年次から4年間にわたり、本学の併設校や地元学校で授業サポーターやチューター、さらに行事などを体験するインターンシップを実施します。特に春休みには、2週間連続のインターンを実施します。
このように充実した学校教育体験を積むことによって、教育者としての意欲や心構え、また教師として必要な資質を伸ばし、実践力のある教師を育成していきます。

インターンシップ実施計画

1・2年次 実施校
開智小学校/開智望小学校/開智中学・高等学校/開智日本橋学園中学校/日本橋女学館高等学校

実施校の学級に、初等教育専攻は小学校に、また中等教育専攻は中学・高等学校に、それぞれ1年間を通して配属されることになります。学期期間中は大学の授業のない日に授業参観やサポーター、チューター、行事体験などを行い、春休みには2週間連続して配属学級で集中インターンを行います。この期間に21世紀型の授業を中心に、しっかりとした学校教育体験を積むことになります。

3・4年次 実施校
地元協力公立小中高等学校/開智小学校/開智望小学校/開智中学・高等学校/開智日本橋学園中学校/日本橋女学館高等学校

地元の協力校で、チューターや学習サポーターを中心にインターンを行います。併設校でのインターンシップは、希望者に対して、1・2年次の発展型の授業体験等を実施します。

特色のあるインターンシップ


日本の教育の優れた点は、欧米に比べて理数系の教科が充実していること、さらに基本的な知識や記述する力を伸ばす点などがあります。また何をいつ学ぶのかということが「学習指導要領」にしっかり決められていることや、教科書の内容が優れていることなどが挙げられます。
一方、国際バカロレア教育は、何を学ぶのかではなく「どう学ぶのか」という学び方を大切に、学習者が主体的に学ぶ教育に力を入れており、「考える力、発信力、コミュニケ―ション力を伸ばす」という点に優位性が高いといえます。開智国際大学 教育学部のインターンシップでは、系列校で行われているこの二つの教育の良さに直接触れることができます。

※開智望小学校(PYP認定候補校)
 開智日本橋学園中学校(MYP認定候補校)