松井 吉昭

所属・職位 総合文化学科 教授
出身校・学位 早稲田大学(文学士)
早稲田大学大学院博士課程前期(文学修士)
専門分野 日本中世史、日本の暦、地域史
職務経歴 1977-1978 私立東洋高校(兼任)
1978-1984 東京都立高校(兼任)
1984-2015 東京都立高校(専任)
1993-2013 女子美術大学(兼任)
2006-現在 早稲田大学(兼任)
2015-現在 開智国際大学(専任)

研究テーマ

・日本中世の庶民の生活と信仰
・絵画資料論(参詣曼荼羅・荘園絵図)
・暦と時刻

所属学会

日本史研究会、日本史攷究会、日本宗教文化史学会、民俗芸能学会、民衆史研究会、北陸史学会                  

外部資金の受入、競争的研究資金の採択状況

・1997
 平成9年度文部省科学研究費補助金 奨励研究(B)
 「歴史教育における「荘園絵図」教材化のための基礎的研究」
・1993
 平成5年度文部省科学研究費補助金 奨励研究(B)
 「北陸地方における荘園公領制の展開と地域構造の特質に関する基礎的研究」
・1993
 平成5年度文部省科学研究費補助金 総合研究A(研究分担)
 「静止画像の律動化のための資料蒐集と学際研究」
・1988
 昭和63年度文部省科学研究費補助金 奨励研究(B)
 「『荘園絵図』の歴史教育教材化のための基礎的研究」

主な研究業績

著書・論文・翻訳
論文(単)「中世社会における呪詛と角三本の鬼」、『日本史攷究』第38号、pp.68-84、2014.12
著書(共)『暦の大事典』、岡田芳朗・神田泰・佐藤次高・高橋正男・古川騏一郎・松井吉昭編、「明治の改暦」(pp.328-343)、「暦関係人名録抄(中国・日本)」(pp.445-472)、「暦関係公的機関抄」(pp.498-488)、朝倉書店、2014.7
著書(共)『年中行事読本』、岡田芳朗、「夏の巻」(pp.157-290)、「秋の巻」(pp.304-307)、創元社、2013.10
論文(単)「『松尾社境内図』について」、『日本史攷究』、第36号、pp.63-80、2012.11
論文(単)「木曽義仲の武士団」、松井吉昭他編『木曽義仲のすべて』、新人物往来社、pp.59-73、2008.8