阿部 雄一

所属・職位 総合文化学科 教授
出身校・学位 慶應義塾大学文学部(文学士)
慶應義塾大学大学院修士課程(文学修士)
慶應義塾大学大学院博士課程(満期退学)
専門分野 ドイツ文学、演劇
職務経歴 1980-1981 (株)ミリオンコンサート協会
1987-2005 千葉商科大学(兼任)
1988-1993 慶應義塾大学(兼任)
1988-2005 亜細亜大学、中央大学(兼任)
1988-現在 明星大学(兼任)
1993-現在 学習院大学(兼任)
2005-現在 開智国際大学(旧、日本橋学館大学)(専任)

研究テーマ

・19世紀のドイツ演劇、特に、ハインリヒ・フォン・クライスト、フランツ・グリルパルツァー

所属学会

日本独文学会、日本演劇学会、グリルパルツァー協会(Grillparzer-Gesellschaft、ウィーン)

主な研究業績

著書・論文・翻訳
著書(共) 『初等ドイツ語文法―ことばの仕組みを考える―』、山下善明・阿部雄一、[分担執筆個所特定不能]、同学社、106p.、2013.2
翻訳(共) アーダルベルト・シュティフター他、『ウィーンとウィーン人』、新井裕・戸口日出夫・荒川宗晴・篠原敏昭・松岡晋、「分担翻訳部」 pp.349-381、pp.607-617、pp.813-851、pp.863-890、中央大学出版部、1020p.、2012.3
論文(単) 《„Ein Traum nur einer Nacht“、 den Alphons träumt. Über die mehrschichtige Struktur von Franz Grillparzers Die Jüdin von Toledo》、 日本独文学会『ドイツ文学』、143、pp.103-116、2011.12
論文(単) 「正義のための悲劇―グリルパルツァーが『金羊皮』にこめた意味―」、日本独文学会『ドイツ文学』、133、pp.41-54、2007.10
論文(単) 「クライスト作『ホンブルク公子』―現代におけるその作品解釈の可能性をめぐって―」、慶應義塾大學藝文學會『藝文研究』、50、pp.19-36、1986.12