原田 操

所属・職位 総合文化学科 教授
出身校・学位 慶応義塾大学文学部卒業(文学士)
在学中、慶応義塾大学交換留学生制度による派遣留学生としてパリ第三大学(Université de ParisⅢ- Sorbonne Nouvelle)留学(Licence de Lettres Modernes)
慶應義塾大学大学院文学研究科フランス文学専攻修士課程(文学修士)
慶應義塾大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得満期退学
フランス政府給費留学生として、エコール・ノルマル・スュペリユール(École Normale Supérieure)及び、パリ第三大学(Université de ParisⅢ- Sorbonne Nouvelle)博士課程留学
博士(パリ第三大学)
専門分野 フランス文学、芸術、言語
職務経歴 1993-2000 非常勤講師(慶應義塾大学、白百合女子大学など)
2000-2014 日本橋学館大学助教授(准教授)
2014-現在 同教授、(大学改称後)開智国際大学教授
2000年~2008年「実用フランス語技能検定試験」(仏検)問題作成委員

研究テーマ

・シュルレアリスムとその周辺(19世紀末〜20世紀フランス文学)

所属学会

日本フランス語フランス文学会、日本フランス語教育学会、Association pour l’Étude du Surréalisme (Président : Henri BÉHAR)、Collaboratrice de la revue Mélusine、文化系フランス政府給費留学生の会、 フランス語教育を考える会(Péka)

主な研究業績

著書・論文・翻訳
著書(共) Poésie et politique au XXe siècle : Actes du colloque de Cerisy-La-Salle, Henri Béhar, Pierre Taminiaux編著, « L’‘amour compassionnel’ chez André Breton ou exprimer autrement le politique », Hermann (Paris), pp.119-134, 2011.5
著書(共) 『危機のなかの文学—今、なぜ、文学か?—』、赤羽研三・北山研二・佐々木滋子・中山眞彦・吉田裕編著、「現実と超現実のあわいに―『ナジャ』の声」、水声社、pp.113-129、2010.6
論文(単) « L’‘Humour (noir)’ et Lautréamont »、Maldoror, hier et aujourd’hui, Actes du sixième colloque international sur Lautréamont (Cahiers Lautréamont), Livraisons LXIII et LXIV, pp. 281-288, 2003.7
論文(単) « André Breton ou la visée didactique », 『フランス語フランス文学研究』(日本フランス語フランス文学会), 第72号, pp.116-127, 1998.3
論文(単) « André Breton et l’‘illustration photographique’ ― découverte d’un médium »,『フランス語フランス文学研究』(日本フランス語フランス文学会), 第64号, pp.146-159, 1994.3