鳥越 淳一

所属・職位 人間心理学科 准教授
出身校・学位 早稲田大学教育学部・文学士
早稲田大学大学院文学研究科・修士(文学)
Boston Graduate School of Psychoanalysis・修士(精神分析学)
Boston Graduate School of Psychoanalysis・博士(精神分析学)
専門分野 精神分析学、臨床心理学
職務経歴 【心理臨床職務経歴】
2002-2005 東京共済病院脳神経外科
2003-2004 埼玉県立小児医療センター
2003-2006 東京都瑞穂町教育相談室
2005-2006 足立区江北中学校
2005-2006 墨岡クリニック
2007-2011 Erich Lindemann Menatal Health Center(intern)
2008-2011 Therapy Center in BGSP
2011-現在 南青山心理相談室
2012.-現在 青山心理臨床教育センター
2012.2-3 陸上自衛隊大宮駐屯地
【大学教育職務経歴】
2012-現在 開智国際大学(旧 日本橋学館大学)(専任)
2012-2014 文教大学大学院(兼任)
2013-現在 立教大学(兼任)
2013-現在 明治学院大学(兼任)
2013-現在 明治学院大学大学院(兼任)
2014-現在 川村学園女子大学大学院(兼任)

研究テーマ

・パーソナリティ障碍のアセスメントと治療
・精神病の精神分析的治療過程

所属学会

日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本質的心理学会、日本パーソナリティ心理学会、日本精神分析的心理療法フォーラム、日本臨床心理士会、東京臨床心理士会、Society of Modern Psychoanalysis、National Association for the Advancement of Psychoanalysis、Society for Psychotherapy Research、Society for the Exploration of Psychotherapy Integration

外部資金の受入、競争的研究資金の採択状況

・科学研究費助成金
 (若手研究B)科研課題番号:25780425
 「SWAP-200の日本語版作成と日本における有用性の検証研究」[2013年4月1日~2017年3月31日(予定)]

主な研究業績

著書・論文・翻訳
論文(単) 「SWAP-200によるパーソナリティ障害の理解:DSM-IV II軸との相違と日本の心理臨床への適用の可能性」、『日本橋学館大学紀要』、第14号、pp.75-86、2015.2
論文(単) 「静かなる解釈が作り出す分析空間」、『心理臨床学研究』、31巻1号、pp.72-82、2013.4
論文(単) 「精神分析のミラーリング,神経科学のミラーリング」、『心理臨床学研究』、29巻4号、pp.492-501、2011.10
論文(単) 「沈黙する精神病患者との前言語期的コミュニケーションの探索―逆転移のナラティブ」、『心理臨床学研究』、28巻6号、pp.763-774、2011.2
著書(共) 『自我心理学の新展開―フロイト以降、米国の精神分析』、妙木浩之編著、「現代精神分析学派の潮流」著、ぎょうせい、pp.121-134、2010.3