又吉 弘那

所属・職位 総合文化学科 准教授
出身校・学位 Temple University Master of Education Applied Linguistics (TESOL) Curriculum, Instruction, and Technology in Education (ME.d)「テンプル大学大学院 教育学部 応用言語学(TESOL)カリキュラム、教育法、教育技術 修士号」
専門分野 教育学、応用言語学、カリキュラム、教育法、教育技術、社会言語学、英語(TESOL)、危機言語保存、バイリンガリズム、方言学(沖縄語)
職務経歴 1999-2001 上智大学 外国語学部英語学科 嘱託講師
2001-2006 立教大学 全学共通カリキュラム 嘱託講師
2006-2012 大阪大学大学院言語文化研究科&大阪大学 大学教育実践センター(英語) 特任准教授
2012-2013 安田女子大学文学部英語英米文学科 専任講師
2013-現在  開智国際大学(旧日本橋学館大学) 総合文化学科 准教授

研究テーマ

・教育学
・応用言語学
・カリキュラム 
・教育法
・教育技術
・社会言語学
・英語(TESOL)
・危機言語保存
・バイリンガリズム 
・方言学(沖縄語)

所属学会

JACET

主な研究業績

著書・論文・翻訳
論文(単) “Applied Sociolinguistics: Bilingualism as a Tool for Expression. The Ryukyu Ryuka Renaissance – A Poetic Commentary”, The Journal of Nihonbashi Gakkan University, No. 14, pp. 87- 106., 2015
著書(共) Academic Topics For Listening Practice, Edited by Shinichiro Watanabe, Shigeo Kimura & Gerry Yokota. 教授用資料 CD3枚入り 声担当 “Chapter 13-Okinawa: Societal Bilingualism And Ryuka”, pp. 44-48., Osaka University Press, 2009
著書(共) Academic Topics For Listening Practice, Edited by Shinichiro Watanabe, Shigeo Kimura & Gerry Yokota. 学生用教科書 CD2枚入り 声担当 “Chapter 13-Okinawa: Societal Bilingualism And Ryuka”, pp. 60-64., Osaka University Press, 2009
論文(単) “Societal Bilingualism-The Power of Identity in Language and Sound”, The Journal of Onsei Gengo Kenkyu 4, pp.11-23. Osaka University Graduate School of Language and Culture, 2009
論文(単) “Dying Languages – Bilingualism As A Redeemer”, The Journal of Rikkyo University Language Center No. 13 2005, pp. 49-59., Rikkyo University, 2005