坂井 俊樹

所属・職位 教育学部 教授 学部長
出身校・学位 埼玉大学教育学部卒業
東京学芸大学教育学研究科修了(教育学修士)
博士(教育学)(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科)
専門分野 社会科教育学(主に歴史教育)、現代韓国教育、教師教育
職務経歴 1977-1986 東京学芸大学附属世田谷中学校教諭
1986-2017 東京学芸大学 (専任)
2004-2008 (全国共同利用)同大教員養成カリキュラム開発研究センター長 
2013-2015 同大附属世田谷小学校長 
2015.10-現在 日本学術会議・連携会員(第23期.第24期)
2017-現在 開智国際大学(専任)

研究テーマ

・社会科授業論
・リスク社会と教育
・韓国歴史教育
・日韓関係史
・教師教育研究

所属学会

日本社会科教育学会、全国社会科教育学会、日本教師教育学会

外部資金の受入、競争的研究資金の採択状況

・科学研究費 基盤研究C(代表・平成25年度~平成27年度)「日本と中国の教師教育の実証的な比較研究」)   
・東京学芸大学競争的内部資金(代表・平成26年度・27年度)「社会的危機と地域再生-アクティブ・ラーニングを深める社会科」

主な研究業績

著書・論文・翻訳
【著書(単)】『現代韓国における歴史教育の成立と葛藤』、御茶ノ水出版、p.435、2003.8
【著書(共)】『18歳までに育てたい力-社会科で育む「政治的教養」』、学文社、p.185、2017.2
【論文(単)】「高校生たちの『生きる日常』と社会の認識-ある『自己形成史』の実践から学ぶ歴史教育への視点-」、『学芸社会』、31号、pp.3 -16、2015.7
【論文(共)】「市民育成と社会科授業の課題-最近の学級学級・公共圏の変質にどう向き合うか-」、『社会科授業研究』、3巻2号、pp. 109 -125、2015.12
【翻訳(監訳)】『日韓の歴史対立と歴史対話-「歴史認識問題」和解の道を考える-』、鄭在貞著、 新泉社、pp.286ページ、2015.11