お知らせ

Where are you from?” で会話が弾んだ 恒例 春のLibrary Cafe

新学期が始まり、一週間・・・・。
「ちょっと一息ついて、お茶しながらおしゃべりしませんか?」図書館恒例のイベント“気まぐれ”Library Café”が、4月13日(水) 午後12時から2時間、図書館前テラスでオープンしました。
健康診断の日にチラシを配って「開店!」の宣伝はしたものの、気がかりは、当日のお天気。でも、なんとか持ちこたえ、たくさんの学生や教員が次々と来店、大盛況となりました。

library_cafe08

library_cafe06  library_cafe04

library_cafe03     library_cafe05

メニューは、淹れたてのホットコーヒーにホットティー、冷たいミルクティー、レモンティー、ストレートティー、グリーンティーに、チョコレートやクッキー、おせんべいなどのお菓子で、もちろん、free! ちょっと肌寒い陽気のせいか、温かい飲み物が人気でした。今回のCaféの目玉は、何と言っても、中国、ベトナム、ネパール、バングラディシュ、ブラジル、ウズベキスタン、スリランカの7か国!!から迎えた留学生との交流でした。

library_cafe07 library_cafe01
“Where are you from?”
好みの飲み物とお菓子を選んだあとは、ホワイトボードに貼った世界地図、そして拡大したそれぞれの国の地図に、どの都市から来たかをマークする赤いシールを貼ってもらいます。
library_cafe02
もちろん日本の学生も日本の地図にマークを入れます。
「私のふるさとは、山が見えてとてもきれいな都市です」
と言いながら、スマホに入っている美しい風景写真を見せてくれたのは、ネパールからの留学生。
「私の生まれた所では、今日がお正月です」
とスリランカからの留学生が言えば、ベトナムからの留学生が。
「私の国でも、今日がお正月です!おんなじですね」
ところで、おめでとう!って、お国では何て言うの?聞いたものの、チンプンカンプン。「Happy New Year!でいいですよ」とお二人。やっぱり、英語は世界共通語だと実感します。
バングラディシュからの留学生は、このにぎやか振りを故郷へ写メしようと、居合わせた北垣学長にも入っていただき、みんなで大撮影会を決行。楽しそうな写真が撮れました。

今年の留学生は粒ぞろい。本国ですでに大学等を卒業して、本学に入学してきた学生が8割もいます。新入生に実施した一斉英語試験でも、英語の優秀な留学生が非常に多く、これからの活躍が楽しみです。

世界地図に貼られたたくさんの赤いシール。世界にこんなに知り合いがいるって、なんてステキ!世界地図の中の小さな日本の片隅で、最後の桜の花びらが風に舞い散るなか、そう感じた人がたくさんいたのではないでしょうか。

2016/04/16