閉じる

Topics

8月26日(土)第4回オープンキャンパス開催

 

8月26日(土)第4回オープンキャンパス開催!

開智国際大学ってどんなところ?学部を知る、大学を知る、開智を知る。今年度より「教育学部」と「国際教養学部」でスタートした『開智国際大学』を幅広く知ることのできるオープンキャンパスを実施します!
A.大学学部説明B.体験授業C.学生プレゼンD.個別相談E.キャンパスツアー無料送迎バス


 

 A.大学学部説明

<10:00~10:45>
学部ごとに分かれて開智国際大学の学びについてお話しします。
理事長と学長からの説明の後には、在学生が各学部の魅力についてお伝えします!
〇教育学部、国際教養学部、それぞれの会場でご説明いたします。
〇希望学部の説明会場にお越しください。


 

 B.体験授業

本校の教員が高校生向けの授業を行います。21世紀型の教育を目指す授業を体験してください。

 

〇教師だって人間だから…: 心理学を学ぶ意義
教師といえども人間であり,人間がもつ心理的特徴から解放はされません。
しかしその特徴を知り意識しておくことで,教師として必要な資質を磨くきっかけとなるでしょう。
[講師]柴原 宜幸(教育学部 教授) /「産婦における心理学的育児適応過程」「学生の集団形成・崩壊が及ぼす生活及び学業への影響」「高等教育における論理的思考の育成」

 

〇ICT機器を外国語の授業で活用しよう
本講座ではアクティブ・ラーニング型の外国語の授業におけるICT機器の活躍法を検討します。ICT機器の活用例を紹介し、それらを受講者に試していただくとともに、ICT機器の活用の可能性を探っていきます。タブレットやノートブックPCを貸し出しますが、スマートフォンをお持ちの方は持参してください。
[講師]Bruce Flanagan(教育学部 講師)/主な研究テーマ:「通訳翻訳論(理論・技術・実技)」「オーストラリア論(文化・言語)」

〇フランス語を通して、英語の知識を深めよう
英語とフランス語には似通った語がたくさんあります。英語の語彙がフランス語の影響を受けているからです。授業では語の比較や語源の話を中心に、フランス語を知ることでわかる、英語の新たな側面を発見します。
[講師]原田 操(教育学部 教授)/主な研究テーマ:「シュルレアリスムとその周辺(19世紀末~20世紀フランス文学)」

〇クリティカルシンキングのすすめ~データを科学的に分析してみよう~
クリティカルシンキング(批判的思考)は、大学での学びのみならず、日常的な対人場面や、将来仕事をする上でも大変有用な技術です。一見難しそうに見えるかもしれませんが、運動競技におけるフォームの習得ように、まずやり方を知り、実際に練習をしてみることで誰でも身につけることができます。今回は「相関関係と因果関係の違い」をテーマとして、クリティカルシンキングの視点を少しだけ体験してみましょう。
[講師]菊島 正浩(国際教養学部 講師)/主な研究テーマ:「ヒトの注意に関する実験的研究」「潜在的認知に関する実験的研究」「学びの支援に関する実践的研究」


 

 C.学生プレゼン

<10:00~>※プレゼン時間は約15分。複数回開催いたします。
本学学生が自分が学んでいる分野についてプレゼンテーションを行います。数年後のご自分を重ね合わせて聞いてみてください。


 

 D.個別相談(入試・学部)

<10:00~>
入試や学部について、ご自身が知りたいことをより細かくお伝えできる個別相談。興味・関心のある入試形態の選考方法や、学部で取得できる資格や目指せる職業などを4年間の学びのプロセスを交えて説明します。


 

 E.キャンパスツアー

<10:00~>
学生スタッフがキャンパスをご案内いたします!案内中にも自由にご質問ください。

 

 


皆様のご参加を教職員・学生スタッフ一同、心よりお待ちしております。
お申込みフォームこちらのフォームよりお申込みください。
お申込みフォーム


大学までのアクセス〇柏駅(JR線・東武アーバンパークライン)と大学間で無料送迎バスを運行します。
看板を持ったスタッフが、柏駅東口にて送迎バス乗り場までご案内します。
※柏駅中央改札を出て右側を直進、ダブルデッキ上(1階ではありません)

■無料送迎バス運行予定

柏駅→大学 9:00 9:30 10:00 10:30 11:00
大学→柏駅 10:45 11:30 12:15 12:45

アクセスマップはこちらお問い合せ開智国際大学 アドミッションセンター
Tel. 04-7167-8655 (平日 9時00分~17時00分)

 

Top of Page

関連カテゴリー

受験生の方
Return to Top ▲Return to Top ▲