閉じる

教職センターについて

Center for applicants for teaching profession

教職センター設置の目的

開智国際大学では教育学部の設置に伴い、教員を目指す学生の総合サポートセンターとして「教職センター」を開設しました。教職センターは、教育学部との密接な協力のもと、本学の教職課程及び教員養成に関する業務を充実させ、円滑な運営に資することを目的としています。

教職センター概要

初等・中等教員の使命は、子どもたちが、生涯にわたって自分の能力と可能性を最大限に高め、さまざまな人たちと協調・協働しながら、自己実現と社会貢献を図ることができるように、子どもたちが、自ら課題を発見し、それを解決できるよう導くことでしょう。このように、子どもたちの思考力・判断力・表現力を育むために、課題探究型の学習、協働的学びなどがデザインできる、実践的指導力を有する教員こそ今求められている人材です。
しかし、実践的指導力は、教員志望の学生が、将来教育現場でキャリアを重ねるに伴って自然と身につけられるほど容易なものではありません。将来教職に就いたとき、教科指導、生徒指導の職務を、著しい支障が生じることなく実践できる資質能力を、大学の4年間で身につけておく必要があります。
本学は、教師に必要な5つの能力・資質・スキル(①「国際的視野、教養・知性」②「コミュニケーション能力」③「カウンセリング・マインド」④「専門的知識」⑤「実践的指導力」)を備えた「21世紀に求められる教師」を、大学の授業と併設学校および地元の公立小学校、中学校、高等学校の教育現場での実践(インターンシップ)を通し育成します。

「教職センター」では、これらの資質能力を身につけるため、学生に対して個別の相談や指導を行います。また、教員になるための関門「教員採用試験」に合格するために、1年次より「教員採用試験対策講座」を開設し、教師への夢に挑戦する学生を全力でサポートします。

教職センターのサポート内容

〈個別相談・指導・支援〉
①教職課程に関する相談
・教職課程の履修に関すること
・履修カルテの記入に関すること

②実習に関する相談・指導
・教育実習に関すること:実習ガイダンス開催、教育実習事前・事後指導、研究授業の指導
・介護等体験実習に関すること:実習ガイダンス開催(社会福祉施設、特別支援学校)

③インターンシップ(併設校)、ボランティア活動(中央区教育委員会と連携)に関する指導
・インターンシップに関すること:説明会開催、実施計画の指導、実施校への訪問
・教育ボランティアに関すること:参加に関する相談、届出の指導

④学習支援
・ラーニング・コモンズに関すること:学生の自主的な学習を支援

⑤キャリア支援(教員就職指導)
・教員採用試験対策講座(教職教養・小論文・面接・模擬授業等の指導)
・教員採用に関する情報・資料提供
・教員就職指導会の企画・運営
・学生個人カルテの作成・管理、及びそれに基づく指導

⑥その他
・教職課程に係わる各種説明会の実施
・教員免許状更新講習会の企画・運営管理

教職センターの場所

本学図書館棟2階 611室

Return to Top ▲Return to Top ▲