カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

「リベラルアーツ」の教育理念に基づき、幅広い教養を身につけた社会人を養成するために、科目選択の幅を広げています。同時に、教養の軸となるべき専門科目の充実をはかり、「総合経営学科」「人間心理学科」「総合文化学科」の3学科を設置します。
2014年度よりの入学者に対して、カリキュラムの改定を行いました。これにより、英語教育と幅広い基礎教養のさらなる強化をはかっています。

英語教育と基礎教養の充実(共通科目)

全学科の学生を対象とする「共通科目」を置き、基礎教養の学修を充実させています。

  • 新1年生(2014年度よりの入学者)の新しいカリキュラムは、「英語」「論理的日本語表現」「プレゼンテーション」「リベラルアーツ基礎」「キャリア」「スポーツ・健康」「情報」で構成されています。「英語」ではnative speakerによる必修授業を中心として、1・2年次における英語教育の強化をはかります。「リベラルアーツ基礎」では、「人文科学・社会科学・自然科学・外国語・総合」の5分野を置いて選択必修とし、幅広い基礎教養の修得を目指します。
  • 2年生以上(2013年度以前の入学者)のカリキュラムは、「基礎科目」「教養科目」「キャリア科目」「外国語科目」「スポーツ健康科目」で構成されています。「外国語科目」では、第一・第二外国語の両方を必修とします。

専門科目の充実

  • 各学科の学問習得に必須な基礎的科目のみを必修とします。
  • 各学科内に、学生各自の興味に対応できるように多彩な学問分野を設置し、数多くの選択科目を置いています。

幅広い科目選択

  • 他学科の専門科目を、「クロスオーバー履修制度」により自由に履修することができます。
  • 自学科の専門科目においても、数多い選択科目の中から興味ある科目を選んで履修できます。
  • 準セメスター制度を採用し、大半の科目を半期(前期のみ、および後期のみで修了)で行うことにより、多数・多種類の科目を履修できます。

少人数教育

  • 1年次から4年次まで少人数の「ゼミナール」を置き、学生一人一人に向き合えるきめ細かい個人指導を行います。
  • 大半の科目について、20名前後の少人数クラスで授業を行っています。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

本学の教育理念・教育目的は、幅広い教養を身につけた社会人を養成することです。この考え方に基づいて設置された本学のカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、次の能力を備えた学生に卒業を認めて、各学科の学位を授与します。

総合経営学科(学士・総合経営学)

    実学と教養を身につけ、社会に貢献できる職業人としての能力を備えたもの。

人間心理学科(学士・人間心理学)

    科学的思考法を身につけ、客観性と公正さを持つ人間性豊かな能力を備えたもの。

総合文化学科(学士・総合文化学)

    人間の文化全般にわたる教養にうらうちされた豊かで柔軟な精神と能力を備えたもの。