建学の精神

本学の建学の精神である「質実穏健」は、およそ100年前に本学の先達が「飾らない真面目な姿勢で、常識をふまえて冷静にものごとを進められる人」を育てようと決した教育への深い情熱を今に伝えています。
多様な価値観が混在する現代に、自らを律して生き抜く精神の拠りどころになると私たちは信じています。