法人概要

役員紹介

理事長   青木 徹(学校法人開智学園理事長・開智望小学校校長)3号理事
理事    北垣 日出子(開智国際大学学長)1号理事
理事    小田原 榮(学校法人開智学園教育顧問)2号理事
理事    仁平 勝(学校法人開智学園法人事務局長)2号理事
理事    川邉 寛子(元都立高等学校教諭)2号理事
理事    山本 泰人(株式会社山本海苔店取締役副社長)3号理事
理事    石坂 眞一(税理士)3号理事
理事    大村 泰三(工学博士)3号理事
理事    小山 勲(弁護士)3号理事
理事    三田 芳裕(株式会社明治座代表取締役社長)3号理事
理事    青木 淳子(株式会社進研社USA・UK代表取締役)3号理事
理事    木村 真寿美(学校法人開智学園法人事務局次長)3号理事
理事    和田 靖之(開智国際大学事務局長)3号理事
監事    黒須 誠治(元早稲田大学教授)3号理事
監事    田中 宏幸(弁護士)3号理事

学校法人開智学園29年度事業計画

開智国際大学は、本年度4月に教育学部を設置しました。本年度は、開設のために必要な施設・設備及び備品等拡充の3年計画の2年目にあたり、昨年度に継続して教室や授業に必要なICT関連の備品や図書を充実させるために、通常予算とは別途に2200万円の予算を組み、授業等の充実をはかることにしました。なお、教育学部設置のために必要な教科教育の実習教室等の整備、冷暖房機器の入替、トイレその他の改修工事(工事費および備品等の費用総額2億1733万円)はすべて昨年度に終了しました.

開智日本橋学園中学校、日本橋女学館高等学校は、入学者増に伴い本館の改修工事をまいとしおこなっておりますが、29年度、30年度の2年間で隣接地に校舎の新設を計画し、本年度はその初年度にあたります。本年度は新たに、昨年度購入した土地にある建物を取り壊し、あわせて30年2月より本館の向かい側にある別館の取壊しを行います。
また来年4月には、高等学校の名称を日本橋女学館高等学校から開智学園高等学校に変更する予定ですので、これに伴う東京都への申請を行います。さらに、現在は国際バカロレアのMYPおよびDPの候補校ですが、それぞれ認定校に向けての準備を行っています。

開智望小学校は、最寄りの新守谷駅に駅東側への連絡通路の設置工事に取り掛かっております。守谷市、つくばみらい市、開智学園の三者で行う事業として昨年度から設計等に着手し、現在2年目となりますが、30年度の中頃までに完成する予定です。この工事が完成しますと、守谷市の一部、つくばみらい市の近隣エリアで新守谷駅へのアクセスが良くなるだけでなく、開智望小学校は駅から徒歩1分の距離になります。この事業に関しては開智学園の駅に隣接している土地の一部を提供する予定です。

開智小学校、開智中学校・開智高等学校は、それぞれ校舎・体育館等の施設・設備の改修工事を計画しています。10年の中長期計画の一環として、冷暖房機器の入替、校舎等の屋上防水の改修、トイレの改修、床の張替などを順次行っています。
開智未来中学校、開智未来高等学校は、昨年度で開校後6年間の基本となる校舎の改築、新築、施設改修工事、グランド等改修工事は終了し、今年度は大きな事業はありません。