教育目的

リベラルアーツ学部
幅広い総合的教養教育
総合経営学科
人間心理学科
総合文化学科
 企業経営の基本となる経営管理・会計・組織・秘書・ITや、近年課題となっている健康・スポーツなどについて、理論的・実践的な専門性を身に付けるとともに、これらを社会で役立てられる実践力、ビジネスにおける効率的な組織運営や迅速で的確な意思決定にとって必要不可欠なITスキルをベースとした情報力やコミュニケーション力、社会人の基礎力を育成する。
 人間を見つめる心理学的素養とカウンセリングマインド、客観的思考を可能とする科学的素養を持ち、社会人として豊かな人間関係を築ける人材、心理学的視点で人間・社会を見つめる力を持つ人材を育成する。具体的には、基礎心理学、臨床心理学、医療・保健・福祉に及ぶ豊富な専門科目に支えられた心理学的素養を持つ人材、臨床家を育成する。
 日本や外国の文学・言語・美術・音楽・演劇・民俗・歴史・教育など、人間が生み出した文化についての専門的で総合的な理解を身に付け、あわせて人間の社会的活動を科学的視点からとらえることができるような人材を育成する。

「リベラルアーツ学部」は、幅広い教養のもとに専門性を備えた「総合経営学科」、教養と臨床性を兼ねた「人間心理学科」、幅広い教養修得を目指す「総合文化学科」の3学科で構成されています。
学生各自が所属する学科の学問分野を深めるとともに、開学以来の制度である「クロスオーバー履修」制度により、他学科・他分野の自由な履修を可能とし、幅広い教養人の育成にあたっています。